よくある質問

聖地納骨に関するご質問

Q. 宗派が違っていても納骨できますか?

A. 寺院によって違いますが、多くの寺院が受け入れてくれます。


Q. 散骨することは、法律的に問題ないのですか?

A. 国によっても違いますが日本国内においては法律上、問題ありません。「墓地、埋葬等に関する法律」で規制されておらず、法務省も「節度をもって葬送の一つとして行われる限りは問題ない(刑法190条の死体損壊・遺棄罪にも該当しない)」との見解を表明しています。ただし自治体が条例で散骨を規制している場合は、その自治体が規制している場所で散骨を行うことはできません。また海外においてはその国の法律の範囲内での散骨となります。


Q. お墓を持っていても聖地納骨は出来ますか?

A. 問題ありません。古来の貴族・武士は本骨 (第2頸椎・のど仏)を自身の宗派の総本山に聖地納骨し、胴骨(残りのご遺骨)を自身のお墓におさめました。海洋散骨などとの併用も可能です。


Q. どのくらいの時期に聖地納骨するのが良いのでしょうか?

A. 特に決まりはありません。葬儀後すぐに行われる方もいますし、四十九日後や一周忌などの節目に行われる方もいらっしゃいます。個人様やご家族様のご納得のいく時期に行ってください。

海洋散骨に関するご質問

Q. 海洋散骨でも、役所から許可証をもらう必要がありますか?

A. お手元のご遺骨を散骨される場合には、必要ありません。お墓を処分して遺骨を散骨する場合には改葬手続きが必要なときがあります(その手続についてはお墓の管理者にお尋ねください)。


Q. 遺骨を、そのままの状態で散骨できますか?

A. 粉骨してパウダー状にしないと散骨できません。そのままの形で散骨しますと、産業廃棄物の不法投棄などとして刑事罰の対象になります。


Q. 日本で散骨する海域は、どういう場所ですか?

A. 岸から一定の距離を置いた漁業権などが存在しない海域となります。散骨証明書には、散骨を実施したポイントの緯度・経度を記録いたします。


Q. 遺品などを一緒に撒くことはできますか?

A. 漁業関係者や環境への悪影響が考えられますので、原則お断りさせて頂いております。あらかじめご了承ください。


Q. 遺骨は全て散骨しないといけませんか?

A. 散骨するご遺骨の量については、ご自身でお決めいただけます。全てでも、一部でも問題ございません。ご遺骨の一部を手元に置かれる方のために手元供養品もご用意しております。

宇宙葬に関するご質問

Q. 宇宙葬とはどういうものですか?

A. 亡くなった方のご遺骨の一部をロケットによって宇宙空間に埋葬する新しい散骨形式です。宇宙空間とは、国際航空連盟で規定されたカーマンライン(海抜100km)を超えた空間のことを指します。

Q. 宇宙葬にはどんな種類がありますか?

A. 1、宇宙飛行プラン 2、人工衛星プラン 3、月旅行プラン 4、宇宙探検プラン の4つのプランがあり、さらに各プランには「標準クラス・シングル」「標準クラス・ツイン」「ファーストクラス・シングル」「ファーストクラス・ツイン」の4コースがあり、それぞれ宇宙に送る遺骨の重量が異なります。


Q. 打ち上げられる遺骨の量はどれくらいですか?

A. 標準クラス・シングルで1g、ツインで2g、ファーストクラス・シングルで3g、ツインで7gとなります。


Q. 宇宙葬に関して、法律上の問題点はありませんか?

A. 日本では墓地、「埋葬等に関する法律」により「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と定められていますが、宇宙葬や海洋への散骨に関しては「葬送の一つとして節度をもって行われる限り、遺骨遺棄罪には当たらない」というのが法務省の見解として発表されています。