老前環境整理

生活のステージが変われば必要な家財も変わってきます。

子育ての終えた家庭に学習デスクが必要ありませんし、定年退職した男性に数十着のスーツは必要ありません。

そしてシニアにとってより必要なのは「モノ」ではなく「安全快適なスペース」です。

ライフステージに合わせて物を整理し、自分の暮らしにとって不要なものは「売却・譲渡・寄付・廃棄」などの処置をとりましょう。

また、施設に入居の際にも大掛かりな家財の整理が必要となります。 援人社では施設への引っ越しと同時に家財の廃棄を承っております。