手元供養

手元供養とは、ご遺骨をお墓に納骨するのではなく、小さな骨壺に納めたりするなどして、お手元に残しておくという新しい供養のカタチです。

援人社では、手軽に持ち運びできる携帯型の骨壺をはじめ、ご遺骨の一部を封入することができるペンダントやアクセサリーなど、様々なてのひら供養品をご用意しております。

「散骨するけど、遺骨の一部は手元に残しておきたい」「大切なあの人のことを、いつも傍に感じていたい」など、思いに合わせて最適なものをお選びいただけます。